オフショアファンド

「ファンド」とは、個人、企業、投資家などにより様々な目的で利用される、非常に幅広いストラクチャーの総称です。ファンドは、プライベート・エクイティ投資家が規制要件を満たすために単発の特定目的投資スキームを模索している場合、政府系投資家が投資決定を見直すために国際的に評価の高いプロの投資マネージャーを必要とするFDIプロジェクトを模索している場合、資産管理ビジネスがさまざまな金融商品、リスク分散、分離に対する顧客のニーズを満たすために一連のオープンエンドファンドを立ち上げる場合など、さまざまな状況に対応することができるのです。

一方、FATCAやCRS(AEOIとも呼ばれる)制度が徐々に拡大している中、税務や規制に伴う責任を回避することを目的とするならば、オフショアファンド構造を採用するだけでは不十分な場合があります。伝統的な仕組みに関しては、真の事業上の目的を欠いているという理由で、外国政府当局によって綿密な調査の対象とされてしまうことがよくあります。

したがって、ファンド・プラクティスは、密室で働くような独立した部門であってはなりません。クライアントの実際のニーズや目的を理解し、その目的に合った様々な仕組みやツールを活用し、関連する法的リスクを特定・回避することが不可欠なのです。

ファンド構造の設計と条件設定は、しばしば当事者のそれぞれの居住地や関係する資産の性質に起因します。私たちのフルサービスチームは、クライアントの計画や目的のあらゆる側面を念頭に置き、法的、規制的、財務的、情報開示的な部分における脆弱性をあらゆる側面から最小化するストラクチャーを提案・実施します。投資家、ファンドマネージャー、プロジェクトマネージャーに対するサポートも、同様に実施しております。

柔軟な受任体制

クライアントと長期的で良好な関係を築くことが、私たちの最優先事項です。私たちは、クライアントのニーズに合わせた柔軟なエンゲージメントオプションを提供しています。また、日々の運用やメンテナンスに関するお問い合わせやアドバイスを提供する、アニュアルリテーナーパッケージもご用意しています。

スタートアップ段階
  • 当事者の特定のニーズと状況に最も適したファンドの構造を形成
  • ファンドの運営および資産の種類を管理するために適切な資格を有するマネージャー、ライセンシー、ファンド管理者、カストディアンおよびその他の専門家を探し出し、交渉を支援
  • ファンド書類を作成(PPMおよび補助書類、加入契約書、IMA、IAAなど)
  • ファンド事業体の設立の手配、必要に応じてオフショアの法律意見書の提出
  • KYC、顧客デューデリジェンス、銀行口座開設プロセスのアシスト
メンテナンス段階
  • 新規事業活動や業務、プロジェクトや取引について、法律や規制の観点から提案された案件を評価
  • プロジェクトや取引の、最初から最後までの管理およびアドバイス
  • 問い合わせへの対応、必要に応じての法務・コンプライアンスアドバイスの提供
  • 年度更新・監査事項への出席
  • SFCからの問い合わせに対する調査・対応
  • 投資家からの苦情および投資家との紛争への対応

ファンドプラクティス

弁護士紹介

実績

受賞歴・ランキング

お客様の声

評判