ストレスの多いライフイベントとして、離婚は間違いなくトップ3に入るでしょう。OLNは、感情的、経済的な変化を乗り越え、当事者、子供、財政への悪影響を最小限に抑えるために、クライアントに協力いたします。

香港では、その国際的な環境から、婚姻問題において多くのスキルと知識を必要とする特有の問題が存在します。夫と妻の出身国が異なる場合、あるいは夫婦の共同財産や資産が香港以外の場所にある場合など、これら国際的な要素が含まれることは今や常識となっています。オフショア企業、海外不動産、相反する法律関係、国際的な親権問題、学校教育など、クライアントにとって、自分の弁護士が夫婦関係のあらゆる側面に精通している弁護士であると感じることは、かつてないほど重要となっています。

OLNの離婚および家族法に関するプラクティスチームは、当業務で高い評価を得ているスティーブン・ピーカーが代表を務め、彼が2000年に当事務所に加入したときに設立されました。2002年にポール・ファーミンが、2006年にパミー・クオが加わり、この業務は急速に拡大しました。

離婚・家族法プラクティスチームは全員が香港家族法協会(スティーブンは元副会長)のメンバーであり、香港家族法協会の行動規範に従って、敵対的・対立的なアプローチではなく、調停的・建設的なアプローチを心がけています。スティーブンは、国際家族法学会(IAFL)のフェローであり、英国レゾリューションの準会員、オーストラリア法評議会の家族法部門および香港の共同実践グループのメンバーでもあります。

OLNの離婚・家族法プラクティスチームは、IAFLを通じて世界でもトップクラスの夫婦関係弁護士に、レゾリューションを通じて英国のトップクラスの夫婦関係弁護士に、そしてオーストラリアのトップクラスの夫婦関係弁護士にアクセスすることができます。また、当事務所内の企業法務・訴訟部門の弁護士はもちろん、Globalawの会員であることを通じて世界のほとんどの主要都市にある法律事務所にアクセスすることができます。

婚姻関係紛争

OLNは、複雑な金銭的問題を伴う多くの婚姻関係紛争について、特に、様々な国際的な離婚等の申請のタイミング、金銭的和解の中核的な問題、異なる法域における税務上の影響、特に離婚手続を行うことができる国の選択等に関連して助言を行っています。

婚前契約と婚後契約

当事務所においては、多額の資産を伴う婚前・婚後契約に関する相談が増加しており、そのような契約の執行を容易にするために最も適切な管轄の選択および適用法について助言することができます。

子ども関連

OLNは、子どもに関するあらゆる側面からアドバイスを提供しており、特に、子どもを一時的または永久的に香港から連れていくための申請、子どもの香港からの不当な連れ去りの防止、不当に連れ去られた子どもの香港への帰還等の案件について経験を有しています。

業務分野

離婚・家族法プラクティスチームのメンバーは、香港、英国、米国の弁護士資格を有し、以下のような、家族法に触れる多くの分野で専門知識と豊富な経験を有しています:

  • 離婚に伴う金銭支払命令
  • 国際的な金銭支払問題
  • 管轄権争い
  • 信託トラスト
  • 離婚に伴う税金・入管問題
  • 婚前契約と婚後契約
  • 調停合意書
  • 別居契約書
  • 共同生活契約書
  • 親権者同意
  • 離婚協議書
  • 仲裁
  • 離婚、裁判上の別居、無効と取り消し
  • 子どもに関する紛争
  • 子の連れ去り・子の拉致事件
  • 養子縁組
  • 後見
  • 未婚のパートナー間の子どもや金銭に関する紛争
パンフレットのダウンロードはこちら

家族法

弁護士紹介

実績

受賞歴・ランキング

お客様の声

評判

QUESTION YOU MAY WONDER