ジャパニーズ・プラクティス

Our Services
ジャパニーズ・プラクティス

当事務所の歴史

当事務所Oldham, Li & Nie (高李厳弁護士事務所、「OLN」)は1987年にGordon Oldham(ゴードン・オルダム) 弁護士によって設立され、上質かつ実用的な法律相談・アドバイス・ソリューションの提供を目指しております。


当事務所は10年前から香港ビジネスの中心地セントラルにあるセントジョージビル(St. George Building)を拠点としております。


当事務所は過去30年以上にわたって発展を遂げ、香港の法曹界をリードする存在であり、香港および中国で様々な法律・ビジネスソリューションを提供してまいりました。


現在、当事務所では40人以上の弁護士チームが勤務しており、2007年に中国上海に支所を開設し、国内外のクライアントのビジネスニーズに迅速に対応しております。


我々は、常に創立当時の原則を守りつつ、実用的な法的ソリューションを提供しながら社会に貢献してまいりました。今後とも、事業基盤の拡大を進め、皆様のご要望に十分お応えできるものと確信しております。

Globalaw |グロバロー

当事務所は常に変化するビジネスシーンにおいて迅速なグローバルソリューションをお客様にご提供いたします。


グローバロー(Globalaw)は世界で世評の高いビジネス法律事務所の国際ネットワークです。Globalawは1994年に設立され、世界中の165都市にある115以上の独立法律事務所で構成し、90ヵ国以上の法域を網羅する4,500人以上の弁護士がメンバーとして加入しており、あらゆる規模のグローバル企業の専門的なサポートグローバルネットワークです。当事務所はGlobalawに加盟する唯一の香港法律事務所として、国境を越えて世界各国の弁護士と国際的な協力関係を築き、クライアントのビジネスニーズに対応しております。


当事務所はグローバルパートナーとの緊密な関係を維持し、企業が国際取引を行う際に生じた複雑な法律問題に対して、迅速かつ信頼できるプロフェッショナルアドバイスと解決策を提供しております。

Globalaw |グロバロー

OLNは 迅速なビジネス世界で タイムリーなグローバルソリューションをお客様に提供いたします。

我々は 香港で Globalaw(高く評価されているビジネス法律事務所の国際ネットワーク)の唯一の加盟法律事務所です。これにより、クライアントの国境を越えたビジネスニーズに対応するために必要な国際的なプラットフォームを提供することができます。

Globalawは1994年に設立され、全世界165都市の115以上の独立法律事務所から構成され、90ヵ国以上の法域を網羅する4,500人以上の弁護士がメンバーとして加入しており、あらゆる規模のグローバル企業の専門的なサポートグローバル・ネットワークであります。

グローバルパートナーとの緊密な関係を維持している当事務所は ローカルおよび国際的な取引に影響を及ぼす可能性のある法律や、地方条例を含むほとんどの国際法律問題について、迅速かつ信頼できる専門家の助言を ベストクライアントに提供します。

私たちのチーム

Vera Sung

Vera Sung (ビアラー・サング) はOLNのパートナーであり、香港と中国上海にあるOLNの知的財産チームを率いています。彼女は1998年に香港の弁護士になり、2010年に公証人になりました。OLNに入所する前は、香港のいくつかの大手法律事務所で知的財産法の実務に従事していました。


彼女の業務は、商標、特許、著作権、ドメイン名紛争、パッシング オフに関する訴訟、知的財産権のライセンス供与、および知的財産権の執行に焦点を当てています。または、知的財産の登録、訴追、執行、ポートフォリオ管理、および多国籍企業の開発において幅広い経験を持っています。Veraのキャリアは、米国かつ香港政府の法務部から大手企業のクライアントや慈善団体まで、幅広い分野に及ばれています。彼女は2012年から2013年の国際商標会議(INTA)において、法規制委員会の東アジア太平洋地域小委員会の委員長に任命されました。


Veraは2002年から2006年まで、また2010年から2015年までの期間にINTAの法規制委員会の委員に仕えていました。更に2007年から2009年にかけてINTAの地理的表示(GI)委員会の委員に担任されました。彼女はアジア特許弁理士協会(APAA)および香港商標専門家協会(HKITMP)のアクティブメンバーで、Globalawのアジア太平洋IPプログラムの連合会会長です。彼女は企業弁護士や国際的なクライアントを対象とした企業法務会議で頻繁に講演をしております。ソニー(香港)、南カリフォルニア大学、カナダのオンタリオ州にあるInniskillin Winery、Globalaw Conference、および香港貿易発展評議会(Hong Kong Trade Development Council)の講演者を務め、INTAで「中国における知的財産権の効果的な執行」というテーマで即席講演を行ったことがあります。または「商標使用の取り消し行動:香港とヨーロッパ連合」というタイトルのINTA円卓会議の開催者でもあります。


Veraは香港の継続かつ専門教育学院「Continuing and Professional Education(CPE)」でコースを講演しており、2012年以来、知的財産に関する法律問題についての記事をSing Tao Newspaperに定期的に掲載し、執筆者として活躍しています。


同時に、彼女は、Butterworths (バターワース)が出版した香港英中法律辞典およびMartindale - Hubbell International Law Digest (マーティンデール-ハッベル国際法ダイジェスト)の香港知的財産法の編集に参加しました。


Veraは、英国カーディフのウェールズ大学 (University of Wales, Cardiff) で法学の学士号(優等学位)を、香港大学で情報技術法の修士号を取得しています。


彼女は常に、実践的な解決に向けた提言、賢明な言語、クリアチャージなどをすることに力を注いでおります。


VeraはChambers Asia (チェンバーズアジアパシフィック) に推薦された弁護士でもあります。Chambersにて、Vera Sungがこの一年で注目に値する数多くの商標を取り扱ってきたと高い評価を得たことがあります。弊所のクライアントは、次のように述べています。「彼女は私に真っ直ぐな判断を与え、そして先を見越して考えてくれます。複雑な問題については、綿密で慎重に検討された解決策を提案することもできます。」

Anna Chan

Anna Chan (アンナ・チン) は、当所の税務アドバイザリー部門を率いています。税務コンプライアンス、税務効率化の計画や取引上の税務構造化などの税務に関する問題について、時宜にかなったアドバイスを提供しております。

彼女は 税務業務に加え、訴訟および紛争解決の支援を迅速かつ簡便にすることが可能です。または、法律と会計の両面での資格を持ち、強固な財務および銀行業務のキャリアと相まって、複雑なビジネス上の紛争に対処することができます。高等裁判所および控訴裁判所において株主の紛争、債権回収、民事上の詐欺、派生的な訴訟、争いのある規制、知的財産権紛争および複雑な証拠、多数の著名かつ画期的な訴訟に関するあらゆる問題を取り扱ったことがあります。

Annaは英語、広東語、中国語に堪能です。

Vincent Fong

Vincent Fong (ヴィンセント・ホウ) は、当所でのトレーニングを終え、2015年に弁護士になりました。更に、彼は米国特許の代理人でもあります。


OLNに入所する前は、彼は米国商標特許登録局「United States Patent and Trademark Office (USPTO)」 で処理アーキテクチャおよび処理指令の特許審査に従事していました。または香港の法律事務所かつ特許代理庁にも務めていました。


または、商標、特許、意匠、著作権およびその他の知的財産権に関連するさまざまな知的財産権問題を処理する経験があります。


VincentはUniversity of Michigan (ミシガン大学) でコンピュータ工学の理学士号とコンピューター科学および工学の理学修士号を、香港の香港大学で法学博士号およびPCLLプログラムを取得しました。


彼は英語、中国語に堪能です。

Victor Ng

Victor Ng (ビクター・コ) は2013年に研修生としてOLNに入所し、2015年に弁護士の資格を取得しました。彼は合併および買収(M&A)、デューデリジェンス、中国への直接投資、 一般商事(雇用問題、データのプライバシー、および商業協定など)をあらゆる問題を取り扱うことができます。

彼は主に香港かつ中国国内、ヨーロッパ連合(EU)を含む投資に焦点を当てる国際的な税務計画問題について、クライアントにベストアドバイスを提供しております。 または、直接投資、M&A、恒久的設立(PE)と租税条約問題の税務面に関して企業に提案するのが得意です。

OLNに入社する前は、2つの「Big Four」会計事務所に勤務し、香港、国際および中国の税務問題を担当していました。Victorのクライアントには、さまざまな管轄で事業を展開する多国籍企業が含まれています。

Victorは香港大学で名誉学士号を取得しました。 また、香港公認会計士協会の会員です。 彼は英語、広東語、中国語に堪能です。

Gon Yeung

Gon Yeung (ゴン・ヨウ)は2016年に研修生の弁護士としてOLNに入所し、2018年に資格を得て、弁護士になりました。彼は株主と取締役の紛争、賃貸契約の紛争、契約上の紛争、拷問請求および刑事訴訟を含むさまざまな訴訟問題で経験があります。更に、第一審裁判所および控訴裁判所における多数の著名な訴訟に取り扱ったことがあります。企業のリストラ、デューデリジェンス、ホテル業界での一般的な商取引および国境を越えた不動産取引を含み、企業および商事に関するキャリアを積んでおります。


OLNに入所する前は、国際仲裁調査および破産問題の取り扱いに重点を置き、「Big Four会計事務所」という香港での有名な会計事務所に勤務していました。


Gonは、ブリティッシュコロンビア大学 (The University of British Columbia) で環境科学の学士号を、香港大学で法学博士号を取得しています。


ゴン・ヨウは英語、広東語、中国語に堪能です。

Josh Kwok

Josh Kwok (ジョシュ・カクは香港中文大学で経営学士号(会計学を専攻)を取得しています。その後、法学士号を取得し、香港大学法学課程PCLLを修了しました。

 

Joshは法律業界に携わる前に、大手会計事務所で税務士として約2年間働いており、香港・中国の移転価格のプロジェクトを担当していました。その後、香港政府の行政主任として、様々な政府部門にわたって経験を積みました。2017年、香港の法律事務所に弁護士実習生として入所し、人身傷害、商事紛争、雇用紛争、不動産管理、債権回収、遺産および刑事など様々な訴訟のトレーニングを受けました。また、彼は株式売買・買戻契約の起草、雇用契約、コミッション制度などの非訟事件に携わった経験もありました。Joshは2020年4月に香港で弁護士として認められます。

 

Joshは英語、広東語、北京語と日本語に堪能です。彼は日本語能力試験1級に合格しています。

 

 

Related Articles

New Trend of Japanese Corporates Retreating from China - OLN
New Trend of Japanese Corporates Retreating from China
Hong Kong Court recognising Japanese insolvency proceedings for the first time in history in <i>Re Kaoru Takamatsu [2019] HKCFI 802, [2019] HKEC 906</i> - OLN
Hong Kong Court recognising Japanese insolvency proceedings for the first...
This website uses cookies to optimise your experience and to collect information to customise content. By closing this banner, clicking a link or continuing to browse otherwise, you agree to the use of cookies. Please read the cookies section of our Privacy Policy to learn more. Learn more
Accept